201607281122_01

『ゴジラ対エヴァンゲリオン』より、東宝30cmシリーズ「エヴァンゲリオン初号機“G”覚醒形態」フィギュアがプレミアムバンダイ限定で本日28日16時からプレミアムバンダイ限定で受注開始に。サイズ全高約38cm、価格32,400円、発送予定が2017年1月予定。発売元はプレックス。

『ゴジラ対エヴァンゲリオン』のコラボ企画より、「もしエヴァンゲリオン初号機に“G細胞(※)”を投入したら?」というオリジナル設定に基づいて立体化した「エヴァンゲリオン初号機」が東宝30cmシリーズで登場。
エヴァ初号機をベースに、ゴジラの特徴である岩のような皮膚、背中から生えた大きな背びれ、長い尻尾などゴジラ要素がミックスされたコラボフィギュア。

ショップリンク
ゴジラ対エヴァンゲリオン 東宝30cmシリーズ エヴァンゲリオン初号機“G”覚醒形態【送料無料】 | プレミアムバンダイ | バンダイ公式通販サイト

東宝30cmシリーズ エヴァンゲリオン初号機“G”覚醒形態
アニメ「エヴァンゲリオン」の生みの親・庵野秀明が、ゴジラシリーズ最新作「シン・ゴジラ」(2016年7月29日公開)の総監督を務めることから始動したコラボレーション企画「ゴジラ対エヴァンゲリオン」。本企画から、「もしエヴァンゲリオン初号機に“G細胞(※)”を投入したら?」というオリジナル設定に基づいて立体化した「エヴァンゲリオン初号機」が、全高約38cmのビッグサイズで登場です。
初号機のフォルムを基本としながらも、全身を覆う岩のような皮膚や、背中から生えた大きな背びれ、本体から伸びる長い尻尾等、随所にゴジラの要素が融合しています。 カラーリングは、初号機のテーマカラーである紫と緑の配色を再現。口を大きく開き、鳴き声を轟かせながら相手を威嚇するようなポーズで立体化しています。 「初号機はこのままG細胞に侵食されてしまうのか?」「その強さや攻撃方法は?」など様々な想像が膨らむ、このコラボ企画でしか実現できないオリジナル形態を圧倒的な存在感で楽しむことができます。 (※) ゴジラの細胞。侵食性が高く、他の生物に組み込むと、その生物の組織を変質させてしまうため、G細胞によって作られた怪獣がゴジラシリーズには多く登場します。

201607281130_01
201607281130_02
201607281130_03
201607281130_04
201607281130_05

【商品データ】

  • 作品:ゴジラ対エヴァンゲリオン
  • 仕様:PVC(ソフビ)製完成品フィギュア
  • サイズ:全高約38cm、全長:約36cm
  • 価格:32,400円(税込み)
  • 発売時期:2017年1月