01

東洲斎写楽の代表作「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」がテーブル美術館シリーズでfigma化!フリーイング「テーブル美術館 figma 写楽作 三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」可動フィギュアが本日より予約受付開始に。価格6,980円、発売時期が2018年1月発売予定。

figmaテーブル美術館の絵画シリーズ新作は江戸時代中期に活躍した浮世絵師・東洲斎写楽の代表的な作品「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」が可動フィギュアに。モチーフとなった浮世絵は上半身しか描かれてませんがfigmaでは下半身も立体化(別の絵師が同じ役者をモチーフに全身像を描いているのでそれを参考にされたかと)。
作品のイメージを忠実に再現した上半身&頭部とアクション性を 追求した上半身&頭部がそれぞれ2種付属。 可動支柱付きのfigma専用台座の他に、絵画の背景パネルと専用額縁パーツが付属される。
また三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛の次はダ・ヴィンチの「モナリザ」がfigma化進行中。

Amazon
figma テーブル美術館 写楽作 三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
あみあみ
figma テーブル美術館 写楽作 三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛

figma テーブル美術館 写楽作 三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛
世界に誇るジャパンアート、「浮世絵」が動き出す!だれもが知っているあの芸術作品が、figmaになって動き出す、それがテーブル美術館です。 シリーズ第八弾は、江戸時代に花開いた日本を代表する芸術である浮世絵より、「写楽作 三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」が登場です。謎多き天才絵師、東洲斎写楽の代表作を、大胆にfigma化! 絵画作品の立体化にともない、専用の額縁パーツが付属。まるで絵画から飛び出したかのようなディスプレイが可能です。絵画作品の立体化という新しい切り口を、様々な解釈でお楽しみください。
●スムーズ且つキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツで、さまざまなアクションポーズを再現。
●要所に軟質素材を使う事で作品のイメージを崩さず、可動域を確保。
●作品のイメージを忠実に再現した上半身&頭部と、アクション性を 追求した上半身&頭部がそれぞれ2種付属。
●表情豊かな手首パーツが付属。
●可動支柱付きのfigma専用台座の他に、絵画の背景パネルと専用額縁パーツが付属。

01
02
03
04
05
06
07
08
09

【商品データ】

  • 作品:テーブル美術館
  • 仕様:PVC塗装済み可動フィギュア
  • スケール:ノンスケール
  • サイズ:全高約170mm
  • 原型制作:石橋たつや(MIC)/制作協力:マックスファクトリー
  • 価格:6,980円(税込み)
  • 発売時期:2018年1月